糸の基礎知識
変糸 かわりいと

 

糸と撚りに関する基礎知識

変糸メニュー

変糸について 意匠撚糸一覧 杢(もく)糸 ノットヤーン ストレートヤーン 春雨 ループヤーン リングヤーン カールヤーン タムタムヤーン スパイラルヤーン かべ糸 スラブヤーン ネップヤーン コンビネーションヤーン モールヤーン テープヤーン スペースダイイングヤーン カバーヤーン 金属糸 ギマ その他

糸の基礎知識

糸の基礎知識 糸素材の基礎    綿  .    麻  .    毛  .    絹  . テンセル レーヨン ポリノジック キュプラ アセテート トリアセテート プロミックス アクリル ポリエステル ナイロン ビニロン ポリウレタン ハイテク繊維

番手の基礎知識

糸の選定ポイント 糸素材の分類 番手自動計算 番手・デニール算出 番手の表示方法 番手⇔デニール換算 番手換算表 番手・デニール一覧 糸の標準撚り数表 棒針編適合番手表 家庭編機適合番手 横編機適合番手表 丸編機適合番手表 径編機適合番手表

各種基礎知識

ニット基礎知識 織物基礎知識 染色基礎知識 繊維加工技術
繊維に関する文献


糸とは?

糸(英語:yarn)とは、” 繊維が長く線状に連続したもの。綿糸・毛糸など短い繊維を紡績したものと、生糸・合成繊維など長い繊維からなるものがある。 織物・編物の直接の材料となり、また衣服を縫うのに用いる細長い物。”となっています。

私たちが着ている衣服のほとんどは ”繊維” で出来ています。、繊維は衣食住の衣だけでなく、住の素材としても重要な役割を果たしています。

身近なところでは、カーペット、カーテン、テーブルクロス、ナプキンなどの居住空間にある繊維や電車や自動車のシートなどにいたるまで私たちのまわりを見渡せば実にさまざまなところで利用されていることがわかります。

身のまわりには繊維がいっぱいといっても、繊維をそのまま利用しているわけではありません。”繊維”が”糸”になり、”糸”が”織編物”になってはじめて私たちの手元にやってくるのです。

この繊維を糸にすることを ”紡績” といいますが、”紡”とは撚り合わせることで、”績”は引き伸ばすことを意味します。繊維に撚りをかけることによって ”糸の太さを維持する” ”糸に丸みをつける” ”弾力、伸度をもたせる” ”均一性、収縮性、柔軟性、光沢を与える” などの効果が出てきます。

これに対し、蚕の繭から繊維部分を繰り (引き出すこと)、生糸をつくることを”製糸”といいます。生糸は、繊維がお互いに密着した撚りのない連続した糸です。

化学繊維の原料を液状にして、細い孔から押し出し、凝固させて連続した糸をつくることを”紡糸”といいます。

繊維にもいろいろな種類があるように、そこからできあがる糸の種類もさまざまです。たとえば、綿糸、絹糸、ポリエステル糸といった繊維原料による区別があれば、短繊維糸 (スパン糸)、長繊維糸 (フィラメント糸) という糸の形状による区別、あるいは糸の本数や撚り数によって、単糸、撚り糸、意匠糸などと分けることもできます。

また仕上加工によっては、ガス焼き糸(シルケット)や染め糸などと呼ばれるものもありますし、糸の用途によっては、織物用原糸、ニット用原糸、家庭用ミシン糸、手芸用手編み糸、レース糸などと分けることもあります。

同様に、糸を織りあげてつくる ”織物”も、綿や絹、化学繊維といった繊維の素材による区別から、織物の幅や厚さによって薄地織物、厚地織物と分けたり、あるいは染色方法や色柄によって、先染織物、後染織物、かすり織物、霜降織物、プリント織物などと分けることができます。

糸の種類

糸は、原料によって絹糸、綿糸、毛糸、化学繊維(化繊)などがあります。

紡績するときに2種類以上の繊維を混ぜ合わせて紡績した糸があり、混紡糸と呼びます。また、紡績するときに1種類の繊維で糸を作り、その後、他種類の糸とより合わせて作った糸を混撚糸と呼びます。

このほかにもキラキラと光る金糸・銀糸・ラメ糸や伸縮性の大きなゴム糸・弾性糸、毛虫のような毛羽をもつモール(別名シェニール)糸など用途によって多くの変化に富んだ糸が作られています。

本来の糸からループが出ていたり、紡錘状の太さむらがあったりするこれらの糸を "意匠撚糸(いしょうねんし)" と呼びます。意匠撚糸は、織物やニットに変化を与え新しいテクスチュア(特殊な表面効果)を生み出しています。

撚りの基本

糸には、”紡績糸(スパン・ヤーン)”と”フィラメント.ヤーン” の2種頬があります。スパン・ヤーンは ”短繊維(ステープル)” を集めた ”わた” に撚りをかけ、長い糸にしたもので、一つの繊維からつくられるものと、2種類以上の繊維を混ぜてつくられるものがあり、後者を ”漏紡糸” といいます。一方、フィラメント・ヤーンは ”長繊維(フィラメント)” を数十本撚り合わせて、1本の糸にしたものです。

糸に撚りをかける場合、単糸の場合には通常、左撚りとなりこれを ”Z撚り” (下図右側)といいます。単糸を2本撚り合わせて双糸とする場合は右撚りの ”S撚り” (下図左側)となります。。この撚りの強弱によって、糸の風合いが異なります。

”S撚り”又は”右撚り”

S撚りは右周りで撚りを入れる

”Z撚り”又は”左撚り”

Z撚りは左周りで撚りを入れる

スパン・ヤーンの場合、通常、1インチ(2.54cm)間に18〜21回ほどの撚り数です。撚りが18回以下のものは”甘撚り”といい、糸にやわらかさが出ます。撚り回数を多くし、シャリ感、コシをもたせたものを ”強撚糸” といいます。また、撚り合わせた糸どうしをさらに撚り合わせた糸をケーブルド・ヤーンと呼んでいます。

天然繊維の綿、麻、羊毛からできるのはスパン・ヤーンだけで、レーヨンなど、すべての化学繊維と天然繊維の滴からは、スパン・ヤーン、フィラメント・ヤーンの両方をつくることができます。

会社概要 | サイトマップ | 免責事項 | ご要望 |

©2005 変糸 - Kawari-ito by MARUSYOSANGYO CO.,LTD.. All Rights Reserved.