特徴

価格のメリット

エコサーモコートは、Low-eガラス(複層金属皮膜ガラス)の1/6、遮熱フィルムの1/3で既存のガラスに加工することが出来るので、遮熱性能はそのままで初期コストを抑えることが出来ます。

【省エネ・暑さ対策の例】  対象例:50㎡の窓ガラス(例:1.5m x 0.9m x 37枚)

①省エネ・暑さ対策を自分達で行った場合

対策方法

材料単価
(/1㎡)

道具類/ロス分
(/1㎡)

実行費用

一般販売フィルム

4,354円

160円

225,700円

エコサーモコート
セルフタイプ

2,000

100

105,000

作業にかかる費用の差

⊿ 2,354円

⊿ 0円

⊿120,000円

エコサーモコート セルフタイプを使用することで、フィルムより、120,000円(約53%減)安い価格で、同等の省エネ・暑さ対策を行う事が可能となります。

② 省エネ・暑さ対策を工事込みで依頼した場合

対策方法

材工単価
(/1㎡)

別途経費
(/1㎡)

実行費用

業務用フィルム

16,000円

0円

800,000円

他社遮熱コート

10,000円

3,000円

650,000円

エコサーモコート
プロタイプ

6,500

0

325,000

作業にかかる費用の差

⊿ 9,500円

0円

⊿ 475,000円

⊿ 1,500円

⊿ 3,000円

⊿ 325,000円

エコサーモコート プロタイプを使用することで、フィルムより 475,000円(約59%減)、他社製遮熱コート剤より 325,000円(約50%減) 安い低価格で、同等又は高性能の省エネ・暑さ対策を行う事が可能となります。

.
.

長期間に渡る効果の持続

エコサーモコートは、弊社で独自に開発した水性タイプの省エネ推進製品です。長期間に渡る性能試験等を実施して、エコサーモコートがガラスに付着している間は効果が持続することを確認しておりますので、施工後は長期間の省エネ効果を発揮します。
.
.

殆どのガラスに加工が可能

エコサーモコートは、一般の透明ガラスから型ガラス、すりガラスなどさまざまなガラスに加工することが可能です。

古い建物に使用されているガラスにも加工が可能ですので、ガラスを交換する手間や費用を必要とせずに、省エネガラスにすることが出来ます。
.
.

夏は冷房費コスト削減

エコサーモコートは、温度によって熱の出し入れを行うことが可能なものです。

たとえば、夏場の暑い太陽の光(高温)はエコサーモコートで遮り、室内に熱を入れないようにするため、冷房費のコストを下げることが出来ます。

【節電効果の目安】

窓ガラスの加工方法

省エネ効果
(空調費用)

室内暑さ低減温度

自分達で加工した場合
(セルフタイプ使用)

20前後 低減

約 2 ℃ 低減

工事込みで依頼した場合
(プロタイプ使用)

30前後 低減

約 3 ℃ 低減

.
.

新築orリフォーム

エコサーモコートは、新築の建物でもリフォームする建物でもどのような物件のガラスにも加工が可能です。

詳しい内容につきましては、お問合せより詳細をご連絡頂ければ、弊社にて最善な方法をご提案いたします。
.
.

ミスがない施工方法と対策!

エコサーモコートは、日本で唯一の一般の方やプロの方の誰でも施工が可能な窓ガラス用遮熱コーティング剤です。

プロ用は、弊社オリジナルのコテ刷毛(特許出願中)によりミスなく施工が出来ます。

もし、施工時にゆがみや白濁等が起こってしまった場合でも、剥離や再施工方法などの全てマニュアル化していますので、安全に安心して施工が可能です。
.
.

取り扱いやすい水性・水溶性

エコサーモコートは、完全水性タイプ又はアルコール/水系の水溶性タイプのため、安全に利用する事が出来ます。。

完全水性のプロ水性タイプであれば、人がいるような環境でも室内施工が可能です。

また、アルコール/水混合の水溶性タイプでは、エタノールを使用しているため、乾燥時に発生するアルコールを吸引しても、人体に対して最小限の負荷で抑えられ、他の溶剤系コート剤と比べて有機溶剤中毒などの対策が必要なく、人体に対して安全性の高い製品となっております。
.
.

顧客満足度の向上

エコサーモコートは、お客様へのご提案や説明が簡単に出来るようになっているため、分かりやすく説明してお客様メリットを十分にご理解の上、施工することが出来ます。

顧客満足度の向上により、幅広いお客様への対応が可能となります。